犬は栗を食べても大丈夫?【犬の食育士】が伝える栗の与え方

季節

犬は栗を食べても大丈夫。与え方に注意して飼い主と一緒に楽しみましょう。

秋を感じる食材のひとつ栗。
人が食べていると犬も食べたそうにしていることはありませんか?
加熱した栗は犬にとっても安全に食べられる食材です。与え方に注意すれば、飼い主と一緒に楽しむことができます。

栗には効能もいっぱい!でも与え方に注意は必要です。

栗は栄養も豊富で様々な身体に良い効能もたくさんあります。

①ビタミンが豊富。中でも抗酸化成分であるビタミンEはアンチエイジングにも有効です。栗はビタミンはデンプンに包まれているため加熱にも強いのが特徴。ビタミンCも多く含まれています。

②ミネラルが豊富。新陳代謝に欠かせないミネラルは不足しがちな栄養素。中でも栗は亜鉛が豊富で、栗の持つビタミンCと一緒に摂取するため吸収されやすいと言われています。

③食物繊維が多い。食物繊維は便のかさを増し腸内環境を整える働きをするため、適度な量の食物繊維は必要な成分です。

④東洋医学的にみると「補腎」作用があり、老化による腎機能の衰えを補ったり、身体を温めたりする効果も期待できるため、シニアのわんちゃんにもおすすめの食材といrます。

⑤栄養の主成分は「デンプン」デンプンはエネルギー源となる成分であり疲労回復の効果もあります。

気になる注意すべきポイントは、形状・適量・体調

たくさんの栄養や効能のある栗ですが、注意が必要な事もあります。

①形状 

 栗は鬼皮という外側の硬い殻と内側の渋皮に包まれています。消化が悪くタンニンという成分も含まれるため、取り除いて中の実の部分だけをあげましょう。

 食物繊維の豊富な栗は、シニア期のわんちゃんの消化吸収のためには、細かく砕いたりペースト状にしてあげるのも工夫のひとつです。

②その子にあった適量に

 栗はデンプンが主成分。つまり糖質が多いのでカロリーもそれなりにあります。食べ過ぎには要注意です。

③アレルギー

 食物アレルギーはどのような食材でも可能性があります。初めて食べるときや、旅先で疲れ気味の時は、喜ぶからといってたくさんあげるのは注意しましょう。

犬も大好きな栗。飼い主さんの配慮のもと一緒に楽しみましょう。

犬に与える目安の量は

種類 体重 目安量
小型犬 1~3㎏ 1粒程度
中型犬 3~10㎏ 3粒程度
大型犬 10~20㎏ 4粒程度
  20~40㎏ 5粒程度

与え方に配慮しながら、ぜひ一緒に楽しみたい秋の味覚です。

食べた~い!けど栗の皮を剥くのがつらい方に。こんなものもありますよ。

とはいうものの、栗の皮むきって大変。はっきり言って重労働です。剥きにくくって思わず指を切りそうになったってことありませんか?

そんな方にはコレ。「新型栗くり坊主」

私は栗の皮むきがめちゃくちゃ楽になりましたよ~

詳しくはこちら

栗くり坊主のシリーズは機種がいろいろあります。替刃をご購入の際は機種により違う場合があり、間違えやすいのでお気をつけくださいね。(栗くり坊主替刃セット)

栗くり坊主替刃セット

Follow me!

コメント